子犬パピヨンの育て方

選び方

パピヨン
 

犬はたくさんの種類があります。 庭がないのであれば室内で犬を飼うように
なりますので、小型犬を購入するといいでしょう。

育てやすい

飼育のしやすさや、室内で育てることを前提に、小型犬を選ぶ方が増えています。
マンションでもペット可の物件が増えています。
こうした小型犬の需要に対応していると言えるかもしれません。

 

ペットと暮らすことを望む人が増えています。 マンション住まいでも
小型犬ならばその望みが叶うでしょう。

小型犬の中には、パピヨンという犬がいます。 高い知能を持つ犬としても
知られていますので、飼いやすい犬と言えるでしょう。

 

そこでパピヨンを飼おうと思うのであれば、子犬を選ぶようにします。
パピヨンの子犬の選び方はどういった点に注意しておくといいのでしょうか。

 

まずは、どこから購入するのかということがあります。
パピヨンを購入するときの方法としては、ペットショップで購入する方法や、
ブリーダーから購入する方法があります。

健康面から考えると、ブリーダーから購入する方がいいでしょう。
それというのも、パピヨンの子犬は購入されるまでは、母犬と一緒にいるようになります。

 

そうなってくると、購入までは母犬のお乳を飲みますので、ウィルスなどに対しての
免疫をもらうことができるのです。

こうしたことは人間も同じですね。
母乳で育った方が免疫がつき、また愛情面でも満たされやすいといいます。


子犬も同じなのです。
母親のそばで栄養と愛情に満たされて育てられると健康に育つのです。

免疫

 

ですのでブリーダーからパピヨンを購入する方が、健康なパピヨンを手に入れることができそうです。
また、その子犬の性格もブリーダーなら熟知しているでしょうし、
育て方についてのアドバイスや注意点なども教えてもらえます。
このように、ブリーダーから購入するメリットは非常に大きいと言えるでしょう。