子犬の育て方

親離れ

パピヨンを飼いたい
 

パピヨンはその見た目の美しさからとても人気がある犬種です。

性格も明るくてとても頭が良く、運動神経も抜群ととても優れています。
パピヨンは小型犬の中でも比較的出産が楽だと言われています。
そのため自宅で出産をさせたいと考える人も多いです。

パピヨンの出産を行うことになった場合は、正しい知識を持って挑むことが前提です。
妊娠がわかったら、きちんと獣医師を受診しましょう。

 

そして、出産に備えた準備を整える必要があります。動物ですから、本能に備わったものがあるでしょう。

ですが、安心で安全な出産を迎えるためには飼い主として手助けが必要です。

 

そして出産が終わり、可愛い子犬をみればきっと誰もがメロメロになってしまうでしょう。
しっかりと母親のお乳を飲み、どんどん成長していく子犬の姿は勇ましくもあります。

 

パピヨン

 

怪我に注意

パピヨン元々運動神経のいい犬種なので、子犬の時期も一生懸命動き回ります。
お乳以外は母親の傍よりも遊びまわっていることが多いので、親離れも早いでしょう。
パピヨンが元気すぎるくらいに動き回りますので、骨折しないように気を付けてあげる必要があります。

 

また外に遊びに連れて行き、刺激を与えてあげるとますますパピヨンはその特性を生かしてくれるでしょう。
小型犬は屋外遊びが必要ないと思っている方もいるかもしれません。
大型犬ほどに屋外での時間は必要ではありません。

 

ですがパピヨンのように活発な犬種では時々存分に遊ばせることが必要です。
そうすることでストレス発散にもなります。また、運動量が増えて自宅でおとなしく過ごすこともできます。


散歩に連れて行く場合は、周りの人への配慮も怠らないようにし、
特に交通量の多い道を歩く場合は、好奇心旺盛な子犬の安全を
第一に考えて、できるだけ危険の少ない道を歩くようにしましょう。